postgresqlインストールとヴァージョンアップ方法を解説

ここでは、現在、稼働しているpostgresql version 9.4.10 からデーターをdump(出力)し、別サーバーにインストールされているpostgresql 11.3 へそのデーターを移行(restore)するヴァージョンアップ方法と、postgresqlのインストール方法を詳しくご紹介致します。

各OS/Middlewareのヴァージョンは以下のとおりです。

OS/Middleware Version
CentOS 7.6.1810 (x86 64bit)
旧postgresql 9.4.10
新postgresql 11.3
php 7.3.5
apach 2.4.6

また、サーバーのIPアドレスとポート情報は以下のとおりとなります(仮)。

  IPアドレス port番号
webサーバー 192.168.1.1 8080
postgresql 9.4.10 が稼働している旧DBサーバー(移行元) 192.168.2.1 5432
postgresql 11.3 が稼働している新DBサーバー(移行先) 192.168.3.1 5432

postgresqlインストールとヴァージョンアップ方法を解説

事前確認作業

1-1. centOSのヴァージョン確認、および存在確認

#cat /etc/redhat-release

(例)CentOS Linux release 7.6.1810 (Core) などの情報を確認することができます。

 

1-2. phpのヴァージョン確認、および存在確認

#php -v
#rpm -qa | grep php

※何も表示されない場合は未インストール。

 

1-3. apacheのヴァージョン確認、および存在確認

#httpd -version
#rpm -qa | grep httpd

※何も表示されない場合は未インストール。

 

1-4. postgresqlのヴァージョン確認、および存在確認

#rpm -qa | grep postgres

※何も表示されない場合は未インストール。

 

1-5. proxyを利用している場合は、yum.confの設定を行う。

ファイル名:/etc/yum.conf

yum.conf設定例(poxy server:192.168.1.254 ポート番号:8080の場合)
proxy=http://192.168.1.254:8080 ←proxyのIPアドレスとポート番号を設定
proxy_username=ユーザーID   ←(例)linux@domain-name
proxy_password=ユーザーパスワード

これで事前確認は終了です。これから先がinstallationとなります。

PHP installation & network tools installation

2-1. network系コマンドパッケージのインストール

#yum install net-tools

installが完了すると「完了しました!」が表示されます。その後、ifconfigコマンドが使用できるか確認をしましょう。

net-toolsパッケージをinstallすることで、ipconfig、route、arp、netstatコマンドが使えるようになります。ただし、これらのコマンドは将来廃止予定です。

 

2-2. wgetのインストール

#yum install wget

installが完了すると「完了しました!」が表示されます。

 

2-3. EPELリポジトリのインストール

#yum install epel-release

installが完了すると「完了しました!」が表示されます。

※EPELとはExtra Packages for Enterprise Linuxの略で、Fedoraの有志が作成、メンテナンスしているRed Hat Enterprise LinuxやCentOSでも使えるパッケージレポジトリのことです。

 

2-4. Remiリポジトリ

#yum install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

CentOS7は「remi-release-7.rpm」をインストールします。

installが完了すると「完了しました!」が表示されます。

(注)EPELのリポジトリの追加を行った後に Remi のリポジトリを追加すること!

remiは、有志で最新バージョンのPHPモジュールをRHEL系のディストリビューションに提供しています。

 

2-5. PHP のパッケージ情報を確認

#yum info php –enablerepo=remi-php73

以下のようなphpパッケージ情報が表示されます。inatallはまだされていません。

利用可能なパッケージ
—————————–
名前                         : php
アーキテクチャー   : x86_64
バージョン              : 7.3.5
リリース                 : 1.el7.remi
容量                        : 3.2 M
リポジトリー         : remi-php73

 

2-6. PHPのインストール

#yum install php –enablerepo=remi-php73

installが完了すると「完了しました!」が表示されます。

 

2-7. PHPインストールの確認

#php -v
#rpm -qa | grep php

下記のメッセージを確認しておきましょう。
PHP 7.3.5 (cli) (built: Apr 30 2019 08:37:17) ( NTS )

2-8. PHP拡張アプリケーションをインストール

#yum install –enablerepo=remi-php73 php-devel
#yum install –enablerepo=remi-php73 php-xml php-gd php-mysql
#yum install –enablerepo=remi-php73 php-opcache
#yum install –enablerepo=remi-php73 php-mbstring

「完了しました!」を確認し、エラーメッセージが出ていないことを確認しましょう。

 

apache installation

3-1. apache のパッケージ情報を確認

#yum info httpd

以下の情報を確認しましょう。
—————————–
インストール済みパッケージ
名前                : httpd
アーキテクチャー    : x86_64
バージョン          : 2.4.6
リリース            : 89.el7.centos
容量                : 9.4 M
リポジトリー        : installed”

 

3-2. apache のインストール

#yum -y install httpd

apacheをインストールします。

 

3-3. apache の稼働状況を確認

#systemctl status httpd.service

apacheの稼働状況を確認します。

 

3-4. apache を稼働させる

#systemctl start httpd.service

 

3-5. htapache pdの稼働状況を確認

#systemctl status httpd.service
#ps -e | grep httpd

Active: active (running) になっていることを確認する。また、psコマンドで稼働状況を確認します。

 

3-6. apache の自動起動設定

#systemctl enable httpd.service

 

3-7. httpdの自動起動設定の確認

#systemctl list-unit-files  -t service | grep httpd

httpd.service がenabledになっていることを確認します。

 

3-8. ポートのフィルターを確認

#firewall-cmd –list-all –permanent

httpプロトコルであるport80が追加されていることを確認、port#80がない場合はポート追加を行います。ポートがフィルターされているとhttpアクセスができません。

 

3-9. port#80、port#5432をポートのフィルターから除外する

#firewall-cmd –add-port=80/tcp –permanent
#firewall-cmd –add-port=5432/tcp –permanent

successを確認します。port#5432はpostgresqlのデフォルトのport番号です。サーバーのpostgresqlへのアクセスはport#5432で接続されます。

 

3-10. httpd.confの設定

#cd /etc/httpd.conf
#cp -pi httpd.conf httpd.conf_org
#diff httpd.conf httpd.conf_org
#vi httpd.conf

#vi httpd.conf
1)Listenポートの設定
 Listen 192.168.1.1:8080
2)SSI・CGI・シンボリックリンクの許可設定
 <Directory “/var/www/html”>
  Options Includes ExecCGI FollowSymLinks
  AllowOverride All
 </Directory>
3)cgiの拡張子を設定
 <IfModule mime_module>
  AddHandler cgi-script .cgi .pl
 </IfModule>
4)文字化け対策
 AddDefaultCharsetディレクティブコメントアウト
 #AddDefaultCharset UTF-8

 

3-11. .htaccessの追加

192.168.1.1へアクセスされた時、301コードで返答し、192.168.1.1配下のサブディレクトリであるdrupalへリダイレクトをする。
ドキュメントルートである/var/www/html/配下に ”.htaccess”ファイルを作成し配置する。

#vi .htaccess
<IfModule mod_rewrite.c>
 RewriteEngine on
 RewriteRule ^(.*)$ http://192.168.1.1/drupal/ [R=301]
</IfModule>

 

postgresql installation

4-1. postgresのlatest versionの確認

https://www.postgresql.org/support/versioning/

 

4-2. postgresの最新のレポジトリーの確認

https://yum.postgresql.org/repopackages.php#pg11

 

4-3. postgresqlのリポジトリをdownload

ファイル名:pgdg-redhat-repo-latest.noarch.rpm

https://download.postgresql.org/pub/repos/yum/reporpms/EL-7-x86_64/pgdg-redhat-repo-latest.noarch.rpm

 

4-4. リポジトリーをインストール

#rpm -ivh pgdg-redhat-repo-latest.noarch.rpm

インストール中、および100%を確認しましょう。

 

4-5. postgresql version 11のインストール

#yum -y install postgresql11-server

installが完了すると「完了しました!」が表示されます。

 

4-6. postgresqlに関連する他のパッケージもinstall

#yum -y install postgresql11-libs postgresql11 postgresql11-contrib postgresql11-devel

※postgresql-develは開発モジュール
※postgresql-contribはpostgressqlが提供する追加モジュール
※postgresql11はクライアントプログラム

 

4-7. インストールされたことを確認

#rpm -qa | grep postgres

以下のようなメッセージが表示されることを確認します。
postgresql11-11.3-1PGDG.rhel7.x86_64
postgresql11-contrib-11.3-1PGDG.rhel7.x86_64
postgresql11-libs-11.3-1PGDG.rhel7.x86_64
postgresql11-server-11.3-1PGDG.rhel7.x86_64
postgresql11-devel-11.3-1PGDG.rhel7.x86_64″

 

4-8. 状態を確認する

#systemctl status postgresql-11.service

 

4-9. postgresql version確認

#psql –version

psql (PostgreSQL) 11.3であることを確認する

 

4-10. postgresqlのアカウント(ID)が作成されたことを確認する

#view /etc/paswd

 

4-11. databaseの初期化

#cd /var/lib/pgsql/data
#PGSETUP_INITDB_OPTIONS=”-E UTF8 –locale=C” /usr/pgsql-11/bin/postgresql-11-setup initdb

※エンコーディング UTF8、ロケールなし(locale=C)を指定

Initializing database … OK を確認すること!

 

4-12. postgresql-11の起動

#systemctl start postgresql-11.service

以下のメッセージを確認します。
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/postgresql-11.service to /usr/lib/systemd/system/postgresql-11.service.

 

4-13. start-upをenableにする

#systemctl enable postgresql-11.service

 

4-14. 環境変数の変更

#su – postgres
$ vi ~/.pgsql_profile に以下を追加
~~~~~~~~~ 追加内容 ~~~~~~~~~ 
PATH=/usr/pgsql-11/bin:$PATH
MANPATH=/usr/pgsql-11/share/man:$MANPATH
export PATH MANPATH PGDATA ←1番最後の行に追加

 

4-15. 環境変数の再読み込み

#. ~/.bash_profile

 

4-16. 環境変数が変更されたことを確認する

#env

 

4-17. postgresqlの起動

#systemctl start postgresql-11.service

 

4-18. postgresqlの状態確認

#systemctl status postgresql-11.service

 

4-19. postgresqlにconnectを行う

#su – postgres

psql -l でDBが表示されることを確認しましょう。

 

Postgres version-up作業

5-1. postgresqlのdump(旧postgresqlサーバーで作業)

#cd /var/tmp
#pg_dump redmine -c > redmine_backup.dump -U redmine -h localhost
/var/tmp配下に「redmine_backup.dump」ファイルができます。

[コマンドの意味]
pg_dump dumpするDB名 -C > 出力ファイル名 -U ユーザー名 -h ホストアドレス

※rootで上記コマンドを実行すること!
postgres(DB)にログインしない! コマンドプロンプトから上記コマンドを投入。
※argument “-c” はdump前にDBをclean upする。

 

5-2. ユーザー確認と作成(新postgresqlサーバーで作業)

新postgresqlサーバーでは、移行元である旧postgresqlサーバーに合わせたユーザーを事前に作成する。作成する条件は以下のとおり。
 旧postgresqlサーバーのDB名:redmnDB
 ユーザー名:redmine
 パスワード:hogehoge

#psql -U postgres  ← 新postgresqlサーバーにpostgresユーザーでログイン
postgres=#     ← 新postgresqlへログイン完了。プロンプトが表示される。
postgres=#CREATE ROLE redmine WITH LOGIN PASSWORD ‘hogehoge’;

[コマンドの意味]
postgres=#CREATE ROLE ユーザー名 WITH LOGIN PASSWORD ‘パスワード’;
postgres=#\du   ← 作成したユーザーが表示されることを確認する

 

5-3. postgresqlのrestore(新postgresqlサーバーで作業)

旧postgresqlでdumpしたDBデータを、新postgresqlへscpを使って /var/tmp にコピーを行い、新DBへrestoreを行う。

#psql -U postgres ← 新postgresqlサーバーにpostgresユーザーでログイン
新DBの作成↓
postgres=#CREATE DATABASE redmDB WITH ENCODING=’UTF8′ OWNER=redmine;
postgres=#\l      ←redmine のDBが作成できたか確認をする。
postgres=#\q     ←postgresqlから一旦exitする
#su – postgres    ←postgreでログイン
postgres$cd /var/tmp ←旧DBサーバーからdumpしたデーターが保存
postgres$psql -d redmDB < redmine_backup.dump ←dumpデーターをrestore
postgres$psql -l -d redmDB -U redmine -h localhost ←postgresにログイン
postgres=#¥dt ←テーブル数とOWNERがredmineであることを確認

[コマンドの意味]
postgres=#CREATE DATABASE DB名 WITH ENCODING=’UTF8′ OWNER=ユーザー名;

dumpしたデーターをrestore↓
postgres$psql -d DB名 < dump出力されたファイル名
※postgresユーザーでコマンドプロンプトから実行すること

postgres$psql -l -d DB名 -U ユーザー名 -h ホストアドレス

postgresのDBの所有者を変更するコマンド
#psql -U postgres
postgres=#ALTER DATABASE redmDB OWNER TO redmine;

[コマンドの意味]
postgres=#ALTER DATABASE DB名 OWNER TO ユーザー名;

 

5-4. DB接続設定(redmineアクセス設定)

webサーバーなどpostgresqlサーバーとは別のサーバーからアクセスしたり、また、ローカルホストからアクセスするための設定。

#cd  /var/lib/redmine/config/
#cp -pi database.yml database.yml_org ← オリジナルファイルのbackup
#vi /var/lib/redmine/config/database.yml ← アクセスに応じた設定変更
※redmineの設定ファイル「database.yml」は、redmineがインストールされた接続元のサーバーにある。

~~~~~~~~~ 変更内容 ~~~~~~~~~ 
production:
  adapter: postgresql
  database: redmine
  host: localhost → 新postgresqlサーバーのipアドレスに変更
  username: redmine
  password: 決めたもの
  encoding: utf8

ユーザーのパスワードを変更したい場合に使用してみて下さい。
#psql -U postgre ← パスワードを変更したいユーザーでDBにログイン
postgres=#Alter Role postgres with password ‘パスワード’;

 

5-5. pg_hba.confでログイン認証を設定変更をする(新postgresqlサーバーで作業)

新postgresqlサーバー側で、vi /var/lib/pgsql/11/data/pg_hba.conf ファイルを変更する。
~~~~~~~~~ 変更内容 ~~~~~~~~~ 
下の4行をコメントアウトする
#local  all     all      peer
#local  replication  all                    peer
#host  replication   all         127.0.0.1/32           ident
#host  replication   all         ::1/128                 ident

以下の5行を追加する
host   redmine        redmine        127.0.0.1/32        md5
host   redmine        redmine        ::1/128               md5
host   redmine        redmine        localhost             md5
host   redmine        redmine        192.168.3.1/32       md5  ← 新DBのIPアドレス
host   redmine        redmine        192.168.1.1/32       md5 ← 接続元のIPアドレス

md5でpostgresへのログインがrequestされる、「trsut」を設定すると、パスワード無しでpostgresにログインできる。

 

5-6. postgresql設定(新postgresqlサーバーで作業)

postgresql.confで以下を編集する
#cd /var/lib/pgsql/11/data/
#cp -pi postgresql.conf postgresql.conf_org
#vi /var/lib/pgsql/11/data/postgresql.conf
~~~~~~~~~ 変更内容 ~~~~~~~~~ 
listen_addresses = ‘*’ ← どのホストからも接続可
port = 5432 ← コメントアウトを外し、postgresqlのport#5432を設定

 

logging setting

6-1. postgresql logging設定

ログの格納先: /var/lib/pgsql/11/data/log
ログの設定ファイル /var/lib/pgsql/11/data/postgresql.conf
~~~~~~~~~ 追加内容 ~~~~~~~~~ 
ログファイ名:log_filename = ‘postgresql-%a.log’  (デフォルト)
ローテーション:log_rotation_age = 1d  (デフォルト)
ディレクリー:log_directory = ‘log’(デフォルト)
出力先:log_destination = ‘stderr’
保存有効化:logging_collector = on
クライント送信ログレベル:lient_min_messages = notice
サーバーに書き込むレベル:log_min_messages = warning
エラー原因のSQLを書き込むレベル:log_min_error_statement = error

 

router、スイッチの設定方法についてはこちらをご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*